本文へスキップ

馬券王の能書き

転がし成功 回収率986%


 2018年1月21日(日)厳選レース3鞍パーフェクト的中。アメブロ限定で実施している「1万円スタート転がし作戦」では、1万円→9万8600円になり、回収率986%を計上した。


2018年1月21日(日)


厳選レース:1 京都 4R

 6-10  360円 ◎▲的中(40%指示)

 4000円 ×  3.6 = 14400円 払戻し


厳選レース:2 中山 9R

 3- 8 1270円 〇▲的中(20%指示)

 2800円 × 12.7 = 35560円 払戻し

 ※ 繰越端数 200円


厳選レース:3 中山11R

 3- 7  460円 ◎〇的中(60%指示)

21400円 ×  4.6 = 98440円 払戻し

 ※ 繰越端数 160円


 厳選レース1~3の的中馬連配当はそれぞれ、

 360円  1番人気
1270円  4番人気
 460円  1番人気

 いわゆる低配当。俗に言う低配当を3回当てただけで、1万円が9万8600円になり8万8600円勝ち。世に蔓延る馬券負け組諸君が大好きな「回収率」はと言うと、986%になる。

 均等買い回収率至上主義のバカタレ軍団は、3.6倍や12.7倍や4.6倍などという奴らが言うところの低配当と、回収率986%という数字を結び付ける事が出来ない。結び付けられないのは何故か?それはバカタレだから。この低配当3連発と、9万8600円払戻し回収率986%を結び付けられたとしても、「転がったからだろ!」とのたまう。

 競馬ってさぁ、小資金投入の買い目で如何に大金を払い戻すかのゲームじゃねぇからな。どいつもこいつも3連単だ、大穴だ、万馬券だって欲かいてるけどさ。実際それでテメェら幾ら払戻してんだって話。高配当は当てづらい、低配当は当てやすい、本当にそうなら当てやすい低配当を当て続けて儲けまくってみろや。競馬は穴馬券を買って当てるゲームではなく、当たりを引いて金を儲けるギャンブルなんだぜ。

 競馬に限らずギャンブルっつーのはな、当てなきゃいけねんだよ。穴狙って外してる奴、ガチガチ本命?狙って外してる奴、外してる奴はみんな負け犬なんだよ。穴狙って外したんならしょうがないとか、ガチガチ本命?狙って外してんじゃもったいないとか、そんなのマジでどうでもいいぜ。当たりか外れか2つに1つだ。外れた奴らの金が当たった奴らに回る、競馬っつーのは弱肉強食のギャンブルなんだよ。

 競馬の醍醐味は、小資金でも当て続けられれば大金を持って帰れるって事だ。とにかく当てる事。必ず当たり目を含んだ馬券を買う事だ。俺の馬連7点予想はどうだ?ここまで21鞍予想して15鞍的中、的中率71.4%だよ。的中率71.4%を高いと見るか低いと見るかそれは人それぞれだけどな。毎回俺は的中率100%を目指しているよ当然。100%=絶対だよ、絶対当たる予想になら幾らでも張れるだろ。

 スポーツ新聞、競馬専門紙、TV、ラジオ、今どきは動画?とにかくメディアで予想やってる職業予想家連中はと言えば、「ちょっとこの馬を狙ってみます」とか、「ここはこの馬で間違いないです」とか何とか言いながら外して、そのレース回顧して勝ち馬の勝因や、人気馬の敗因を解説する。まぁそういう役割、そういう職業なんだろうが、あんまプロだの予想家だのと簡単に名乗って欲しくねぇよな。俺はそんな奴らとはケタ違いの事やってるって自負してるからさ。

 とりあえず変な意地張ってねぇで、黙って俺について来いよ。儲かる予想家、本当に金になる予想家っつーのは誰か分からせてやっからさ。