本文へスキップ

馬券王の能書き

続・勝ち方指南


 俺が産まれた築地には、「馬券王矢口は産まれてすぐ7歩歩き、右手で天を左手で地を指し、『天上天下唯我独尊』と唱えた」という伝説がある。

 その築地から目と鼻の先、ウインズ汐留の話。

 競馬場でもウインズでもJRA関連の施設ならどこでも同じなんだろうが、お馬鹿なムジナ達がルール作ってるからとにかく段取りが悪い。ウインズ汐留のエクセルフロアに行く場合、まず正面玄関に並ばなければならない。後から来た客が列の前の方の客と話し始めたかと思うと、シレーッとそのまま割り込む。JRAの職員?はそれを見て見ぬ振り。「グォルァァァ~!テメェ何やってんだコラ!後ろに並べや」と言いたいのを堪え、みんな黙っている。まぁこんな事はウインズに限らず世の中で起きてるアルアルだが。小心者でお人好しの日本人よ、中国に占領されないよう気をつけにゃならんぞ。8時半になると並んでいた連中にJRAの職員?が整理券を配り始める。「再集合は8時45分です」と...

 は?
 再集合?
 15分後?
 何この自由時間?!

 7時半に来た客を、割り込みフリーでストレスフルの列に1時間並ばせて、8時半に整理券配って再集合8時45分まで15分間のフリータイムですって...

 これ何?
 何のハメ?
 朝一先着順に整理券配って再集合8時45分じゃいけない理由って何?バカだろ。

 そして再集合すると整理券番号を1から順に呼び始め、客は整理券を提示して中に入って行く。また中で並ばされるのだが、さすがにそこからは割り込み禁止。壁際に長椅子があり、列に並ばずその長椅子に座り始める奴もいる。係員?に注意されると、「足が悪いんだよ」とか何とか言って列に合流しない。係員?もそれ以上は言えない。この足が悪いオッサンは後で登場する。

 9時くらいになると大奥から4、5人の女中が出てきて「おはようございます」、これを合図にエクセル席券売カウンターのシャッターが上がりやっとエクセル席を購入出来る。ウインズ汐留に着いてからエクセル席購入するまで、こんなに複雑な段取り必要か?少し考えろや。

 エクセルフロアは8階と9階で、席を購入後は払戻しも席の変更も出来ないとの事なのだが、ザコ師匠(馬券王矢口産みの親)が席を変えさせた事がある。ウインズ汐留はグルメが無いから、与えられた15分間のフリータイムで目の前コンビニに行き食料を調達、購入した席に着いてから1Rが始まるまでの間に腹ごしらえをする。その時ザコ師匠が「うっ、くせっ」と周囲に目を走らせると、ほぼ黄色の白髪頭に薄汚い服装、穿いてるジャージの股間部分が湿って汚れている爺さんを発見。すぐさま係員を呼び事情を説明するが、「席の変更は出来ません。」の一点張り。ザコ師匠は「上の人呼んで。」と、するとイカツイ顔の黒服登場。さっきの雑魚キャラに話したのと同じ内容を話すが、やはり「申し訳ありませんが無理です。」と。「だったらこの席このままでいいから、新しく席を買わせろ。」とザコ師匠、「規則ではお一人様一席なのですが、事情が事情ですので今回は特別に他の席へ移動して頂きます。空席があるか確認しますのでお待ち下さい。」と黒服番長。好対応で俺も一緒に他へ移った。

 9階には白人数人とその奴隷?のアジア系数人が年間リザーブしている席があり、奴隷はノートPCのような物をいじくらされている。その機械にマークカードをセットすると自動でマークしてくれる優れものだ。奴隷からマークカードの束を受け取った白人は、ウエストポーチから札束を出してマークカードの束と一緒に券売機に突っ込む。一度に数十万円の購入で、払戻しは大口窓口の事が多い。こいつらで気が散るので、ある時期から9階ではなく8階席を購入する事にした。ここで登場するのが1階で長椅子に座り込んだ足悪親父。9階の主が白人軍団なら、8階の主はこの足悪親父率いるシルバー軍団だ。

 2018年春GⅠ全レース馬連1点的中馬券公開を宣言した俺は、11戦連続でGⅠ馬連1点的中馬券をインスタにて公開し、春GⅠコンプリートまで残り1戦となっていた。6月24日(日)は宝塚記念馬連1点的中馬券をレース前からレース後までのノーカット動画でYouTube公開しようと、ウインズ汐留エクセルフロア8階にいた。シルバー軍団はいつもいる常連だ。1Rから足悪親父がイキり始めた。

 その日初っ端の函館1Rが確定した時、「すげーよ!88万当ててるよ!」と。函館1Rの3連単配当は88万8230円。馬券を覗き込んでいないので真偽は定かでなく、何点で幾ら買っているのかも分からんのだが、とにかく「当たった」と言いふらし始めた。当てたのは自分じゃなく、シルバー軍団他メンバーの爺さん。因みに足悪親父も爺さんだ。そして飛び跳ねてはしゃいでいるのを見る限り、とても足が悪いようには見えない。次は阪神4R確定直後、「おいおい!また当たってるよ!今度は41万だよ!」。やっぱり当てたのは自分ではなく、さっきの88万当てた爺さんメンバー。阪神4Rの3連単配当は41万2840円、投入資金は分からんが的中が本当なら2鞍とも100円購入だとしても払戻金は130万円に達している。誰が特大ホームラン2本打って幾ら払戻そうが勝手なのだが、興味深いのはここから先の話。

 シルバー軍団のリーダー兼広報部長の自称足悪親父は、「すげーよ!88万当ててるよ!」と「おいおい!また当たってるよ!今度は41万だよ!」を立ち上がって飛び跳ねて四方に向かって言うあたりかなり派手でかなり恥ずかしい野郎なのだが、「2人とも日刊コンピで買ってんのに、片方しか当たんないんだからね!」と言った。130万円払戻しのホームランバッターではなく、もう1人の日刊コンピ使いも「どうやったら取れんの?!」と笑っていた。同じ日刊コンピという予想材料を使用しているのに、130万円払戻せる奴もいれば、不的中の奴もいる。実に興味深い話じゃないか。

 馬券王矢口の予想も日刊コンピと似たような物で、出走全馬に指数を付し、最上位から◎〇▲△×、以下は注という予想印を付けている。指数を参考に1点勝負であるとか流しであるとかBOXであるとか、最終的な買い目を決定している。同じ日刊コンピ指数を参考に馬券購入している人間でも当たり外れがあるのなら、同じ馬券王矢口の買い目を参考に馬券購入している人間にも当たり外れがあるのかも知れず、競馬新聞なりの馬柱に付された予想屋の同じ予想印を参考に馬券購入している人間もまた然りなのだろう。同じモン見てるはずなのにこの差って何?

 日刊コンピを見て当たり外れ勝ち負けやってる連中がいるのはどうでもいーんだが、俺は世に蔓延る負け組諸君を勝ち組へいざなおうと競馬予想矢口道場を開いた訳で、馬券王矢口の予想を見て買ってんのに同じレースで当たりもいれば外れもいて、勝ちもいれば負けもいるなんて事は絶対ぇに許されねぇ!馬券王矢口の予想は当たらない、儲からないなんて言葉は死んでも言わせねぇし、馬券王の能書き「勝ち方指南」を読んだ上で俺の予想で買っている奴が儲かっていないなどという事は、無料予想であれ有料予想であれ絶対にあり得ない。

 ここからは「勝ち方指南」の続編だから、よく噛みしめて読むように。

 宝塚記念馬連1点的中馬券公開ノーカット動画についてはYouTubeにて公開している。この日をもってアメブロ矢口道場は夏休み(HP予想は続行)に入った。夏休み明けから1ヵ月経った10月第1週目、無料予想厳選9鞍連続的中を達成した。


2018年10月2日(火)

厳1 阪神 1R       不的中
厳2 阪神10R  650円 ◎×的中
厳3 阪神12R 1020円 〇▲的中


        6日(土)

厳1 東京 9R  260円 ◎〇的中
厳2 東京11R 2080円 ◎注的中
厳3 京都12R 1300円 ◎▲的中


        7日(日)

厳1 東京 9R  280円 ◎〇的中
厳2 東京10R 1510円 ◎注的中
厳3 東京11R  670円 ◎▲的中


        8日(祝)

厳1 東京 9R  600円 ◎▲的中
厳2 京都11R       不的中
厳3 東京11R       不的中


 何度も繰り返すが、競馬で勝つ為に肝心な事は配当の高低ではなく資金配分と的中払戻金の運用である。

 そして馬連7点購入した時に、6.9倍だったら負け、7倍だったらチャラ(±0)、7.1倍だったら勝ち...こんな理屈は競馬に限らずギャンブル全てにおいて当てはまらない。

 こういう話は何十回もしているのだが、どんな馬鹿でも分かるように予想機会9鞍連続的中のうち、あえて低配当2鞍の買い目を例に解説しよう。


2018年10月 6日(土)

厳選レース1 東京 9R

 5- 7   2.6倍
 5- 8  15.7倍
 3- 5  12.5倍
 5- 9  22.1倍
 4- 5  25.2倍
 2- 5  25.6倍
 7- 8   9.0倍


 ◎〇5-7で決まったら2.6倍なんだから7点買ってんじゃマイナスじゃん、これは凡人の考え。馬券は均等買い、回収率計算も均等買い、競馬は均等買いするもんだって誰がこいつらに教えたんだ?

 いーか馬鹿チン、屁理屈でも何でもないぞ。この馬連7点どう買うのか、各買い目に金額付けてくからな。 


 5- 7   2.6倍 6000円
 5- 8  15.7倍  700円
 3- 5  12.5倍  800円
 5- 9  22.1倍  500円
 4- 5  25.2倍  400円
 2- 5  25.6倍  400円
 7- 8   9.0倍 1200円

 これは◎〇5-7以外の6点を元返しに設定、残金全額5-7に投入する資金配分。


 5- 7   2.6倍 5000円
 5- 8  15.7倍  800円
 3- 5  12.5倍 1100円
 5- 9  22.1倍  600円
 4- 5  25.2倍  500円
 2- 5  25.6倍  500円
 7- 8   9.0倍 1500円

 そしてこれは7点どれで決まっても払戻金がほぼ同額になる資金配分。言うまでもなくどの目で決まっても勝ち確定。


 さぁ続いてもう1鞍見てみようか。このオッズ構成なんだよ!俺が見せたかった、教えたかったのはよ!「勝ち方指南」で言っただろ?

 「フタを開けてみたらどうにもこうにも回収が難しいオッズ構成のレースであったならば、損益分岐点まで押さえ下位の買い目をどんどん切っていって購入点数を減らすか、本線のみで勝負するか、究極は1点勝負という選択を取らざるを得ない場合もある。」

 それがこのレースだ!


2018年10月 7日(日)

厳選レース1 東京 9R

 5- 6   2.8倍
 3- 5   2.8倍
 3- 6  11.8倍
 4- 5   8.9倍
 5- 8  19.0倍
 5- 9  29.0倍
 1- 5  16.5倍


 このレースでは◎〇5-6以外の6点を元返しに設定し残金全額5-6に投入する資金配分にしても、7点どれで決まっても払戻金がほぼ同額になる資金配分にしても、どっちにしてもマイナスになっちまうオッズ構成。

 「勝ち方指南」では3つの選択肢を指南している。


 5- 6   2.8倍 4000円
 3- 5   2.8倍 3900円
 3- 6  11.8倍  900円
 4- 5   8.9倍 1200円

 1つ目の選択肢、損益分岐点まで押さえ下位の買い目をどんどん切っていって購入点数を減らす。


 5- 6   2.8倍 5000円
 3- 5   2.8倍 5000円

 2つ目の選択肢、本線のみで勝負する。


 5- 6   2.8倍10000円

 3つ目の選択肢、究極の1点勝負。


 俺は予想家だからレース前日には買い目を公開している。オッズなど関係無しに、レースを厳選し買い目を公開しているのだ。俺の予想を信じている連中がレース直前オッズを見た時に、「これじゃ買えないよ」なんて落胆させない為に俺は「勝ち方指南」で買い方及び資金配分の方法を指南した。配当ありきで予想するのはおかしい、予想は的中ありきなのだから当たると信じる買い目を叩き出すのが予想家の役目だ。

 だから言ってるだろ。

 競馬で勝つ為に肝心な事は配当の高低ではなく資金配分と的中払戻金の運用である。

 そして資金配分してみたらプラスに出来ない買い目だった場合、要するに今回解説した低配当2鞍後者のような場合は、苦渋の決断だが勝つ為に買い目を削っていく作業が始まる。この目の中に絶対当たりがあると自分で信じた買い目を削っていく作業が発生するのだから、いっと最初にやる印の選定が重要になるんだ。最終的に◎〇1点しか購入しない場合もあるんだぜ?予想印を付ける作業に最も心血注ぐって言ってる意味が分かるだろ?◎以下はオール△とか、〇⇔▲迷うなぁとりあえずこっちでいっかとか、そんなに軽くねんだよ俺の印はよ。印1個付け間違えただけで回収金額が下がるだけでは済まず、的中が不的中になっちまうかも知れねーんだ。馬券王矢口の予想印1個1個には魂込もってんだよ!

 勿論、費用対効果を検討し「買わない」という選択を取ってもかまわない。ただ俺がそれをやっちゃあいけねぇだろと、そこは外しちゃいけねぇ大事な線だから、俺が厳選したレース、俺の買い目を信じた奴らは裏切らんって事で「勝ち方指南」をしている訳だな。これで分かるよな?こんな予想家これまでいなかっただろ?どいつもこいつも低配当じゃ儲かりません、グリグリいるならあえて違うのから買います、こういうレースは買わないで「見」ですってさ。無責任つーか、言い訳野郎っつーか、カスばっか。ご免、俺はホンモノなんだわ。

 俺は上記2鞍とも◎〇で的中させている。配当なんて関係無ぇんだよマジで。印が大事なんだよ、資金配分が大事なんだよ。馬連1点勝負で的中させて儲からないレースなんて無ぇよ。

 俺は知ってる。諸君らサラリーマンが月々小遣い3万円でやってんの。3万円全額競馬につぎ込めないのも知ってるよ。ギャンブル資金1ヶ月1万円で毎週末楽しんでんだもんな。1レースで何点も買えないし、1点に幾らも突っ込めねぇよな。そして1点100円買い競馬ファンを相手にしたスポーツ新聞、競馬新聞の穴予想に傾いて行くんだよな。でもなよく聞けよ、お前らが毎週末やっている事はギャンブルとしての競馬ではなく、ゲームとしての競馬なんだよ。お前らの目的は金儲けじゃないんだ、いかに高配当を当てるかのゲームでしかない。君達みんなゲーセン感覚なの。俺様に向かって回収率なんて言葉で歯向かって来んの誰だ?回収率で贅沢は出来ない。100円1点で100倍当てたら回収率は10000%だよ。でも9900円勝ちだろ。10000円1点で6倍当てたら?回収率は600%だけど50000円勝ちだよ。家族4人でちったぁ美味いモン喰えるだろ?

 小遣い少ないから100円買いしか出来ません、だから低配当じゃつまらないので高配当狙うんです。それは言い訳。100円しか使ってねぇ訳じゃねぇじゃん!1ヶ月に1万円使ってんだろ?1年に数回でいいから毎レース買いたいって欲求を我慢してみろ。1万円でも5千円でもいいから、俺の無料予想厳選レース買ってみな。そこらのトラックマンふぜぇのガキの使いみてぇな安い予想じゃねぇから。馬券王矢口の魂が宿った買い目でガッツリ儲けさせてやるよ。

 ここまで言っても分からねぇなら、ウインズ汐留8階のシルバー軍団入会を勧めるぜ。日刊コンピ道場やってるみてーよ。入門当初は道場で電気が流れるヘッドギアはめて、あぐらかいて「高配当!万馬券!均等買い回収率!」って叫びながらジャンプさせられんだと。あそこの尊師は「また〇〇万馬券当ててるよー!」って釈迦力に言ってんだけど、俺に言わせりゃ誰に言ってんだ?って。俺は右手で的中を左手で回収を指し、「天上天下的回両道」って唱える馬券王様だ!釈迦に説法も甚だしいんじゃ!

 俺は統計学、確率論、行動経済学を駆使し我がHP馬券王の能書きでマクロにミクロに競馬予想論を説いている哲人なり。

 ノーベル競馬予想学賞は間違いなく俺が受賞する!